English

Tips: カスタムモーションをVMagicMirrorで使用する

この機能はv1.6.0で追加されました。

次の手順によって、ビルトインモーション以外のモーションをVMagicMirrorで使用できます。

  1. Unity Editor上での操作により、使いたいモーションをVMagicMirror向けのファイルとしてエクスポートします。
  2. エクスポートしたモーションを特定のフォルダに配置します。
  3. Word to Motion機能から、追加したモーションを選択します。

必要な環境や知識

  • Unity Editorでの作業が必要です。
  • スクリプトに関する知識は不要です。
  • できればUnityのAnimation Clipに関する基礎知識があることが望ましいです。

エクスポート可能なモーション形式と制限事項

可能な形式:

  • UnityでHumanoid Animationとして認識できるAnimation Clipはエクスポート可能です。
    • とくにUnity 2019.4.14f1またはそれ以降の2019.4系バージョンで認識できる必要があります。
    • 例えば、Unity上で直接製作した人体用モーション以外でも、fbxに含まれる人体用モーションも多くはエクスポート可能です。

制限事項:

  • キャラクターのルート姿勢、および下半身のモーションは適用されません。
    • VMagicMirrorは上半身の動きのみを想定しているため、このような制限がかかっています。
  • IKによる手の動作はエクスポートされるデータには含まれますが、再生されません。
    • 今後のアップデートで手のIKアニメーション再生にも対応予定です。
  • ループアニメーションには未対応です。

1. モーションのエクスポート

Unity 2019.4.14f1をインストールした環境で、新規でプロジェクトをまたは既存のプロジェクトを開きます。

VMagicMirror_MotioExporterのReleasesページから、最新バージョンの.unitypackageファイルをダウンロードします。

プロジェクトにunitypackageをインポートし、Assets/Baku/VMagicMirror_MotionExporter/Scenes/MotionExporterシーンを開きます。

シーン上のExporterオブジェクトのMotion Exporteコンポーネントを開き、Export TargetにエクスポートしたいAnimationClipを指定します。

Exportボタンを押すと、StreamingAssetsフォルダにファイルが出力されます。

Note: もしファイルが確認できない場合、Unityではなくファイルエクスプローラで直接確認したり、一度Unityを立ち上げ直して下さい。

ファイル名はデフォルトで(AnimationClipの名前).vmm_motionのような形式になりますが、拡張子がそのままであれば、ファイル名を変更しても構いません。

Tips

エクスポートされたモーションを同じプロジェクト上で読み込んで再生することで、エクスポート結果が正しいかどうかや、上半身のみのモーションで見栄えに問題がないか検証できます。

  1. UniVRMをインポートします。
  2. 適当なVRMモデルをプロジェクトにインポートし、MotionExporterシーン上に配置します。
  3. シーン中のMotionTestPlayerオブジェクトを選択し、MotionTestPlayコンポーネントを次のように設定します。
    • FileName: StreamingAssets以下にある、エクスポート済みのモーションファイル名
    • Target: 2でシーンに配置したモデル
    • OnlyUpperBody: オン (※デフォルトでオンになっています)
  4. シーンを実行します。

2. エクスポートしたモーションの配置

上記の手順でエクスポートしたモーション(.vmm_motionファイル)を、(VMagicMirror.exeのフォルダ)/Motionsフォルダに配置します。 フォルダがない場合、新規に作成して下さい。

3. Word to Motion機能での選択

VMagicMirrorを起動し、表情の設定にある手順で編集ウィンドウを開きます。

左側のモーション選択部分でカスタムモーションをチェックし、選択一覧からモーションを選択します。

選択後はビルトインモーションと同様の手順で使用できます。

NOTE

ここでモーションが表示されない場合、エクスポートしたデータの形式が不正な可能性があります。

1. モーションのエクスポートの末尾に記載しているTipsに従って、Unity上でモーションを再生できるかどうか再度お試し下さい。